18.01.26
ミラクル エッシャー展日程詳細を発表しました!2018年6月6日(水)~7月29日(日)東京・上野の森美術館にて会期中無休で開催となります。さらに、大阪、福岡、愛媛での巡回展も予定しておりますのでこちらもご期待ください。
開催日程詳細・前売券情報はこちら
18.01.26
ミラクル エッシャー展作品情報を発表しました!本展は、「科学」「聖書」「風景」「人物」「広告」「技法」「反射」「錯視」の8つの観点からエッシャーの作品に迫ります。
作品紹介はこちら
18.01.26
ミラクル エッシャー展オフィシャルホームページをリニューアルしました!
17.10.03
新たに展覧会Twitterアカウントを開設しました。Twitterでも展覧会の最新情報とみどころを随時お届けしてまいります。ぜひチェックしてください!
展覧会Twitterアカウントはこちら
17.10.03
ミラクル エッシャー展の開催が決定しました!2018年6月6日~東京・上野の森美術館にて開催いたします。東京では約12年ぶりの大規模個展となる本展を、お見逃しなく!
「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる20世紀を代表する奇想の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャ-(1898-1972)。
コンピュータのない時代に「版画」で作られた緻密かつ独創的で"ミラクル"な作品は、数学者や建築家といった幅広い専門家やクリエイターに影響を与え、今もなお多くの人々を魅了し続けています。
生誕120年を記念し開催する本展では、世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館から選りすぐりの約150点を日本初公開。実際にありそうで現実には存在し得ない《相対性》など代表作のほか、初期の作品や木版、直筆のドローイングなどから、エッシャーが唯一無二と評される作品を生み出す過程を、【8つのキーワード】を通じて紐解いていきます。
デジタル時代の今だからこそ、「版画」にこだわり続けたエッシャーの偉業を再認識できる貴重な機会となることでしょう。
マウリッツ・コルネリス・エッシャー Maurits Cornelis Escher
(1898年6月17日-1972年3月27日)
オランダを代表する版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャーはだまし絵(トロンプ・ルイユ)の分野で世界一の知名度を持つアーティストである。建築不可能な構造物や無限を有限の中に閉じ込めた作品、平面を次々と変化するパターンで埋め尽くしたもの、など非常に独創的な作品を次々と作り上げた。エッシャーの作り上げたビジュアルイメージはクリエイターだけでなく数学者など幅広い専門家達へインスピレーションを与えてきた。
出品作品はすべて世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館の所蔵品。
同博物館でも常設展示されていない秘蔵のコレクションが来日します。
本展は、「科学」「聖書」「風景」「人物」「広告」「技法」「反射」「錯視」の8つの観点からエッシャーの作品に迫ります。
 展示作品紹介はこちら  
のちのエッシャーの代表的な構図の原点ともいえる「メタモルフォーゼ」シリーズ。
エッシャー自身による貴重な初版プリントの「メタモルフォーゼⅡ」は必見。
 メタモルフォーゼⅡ 作品詳細はこちら  

TOP