エッシャーの版画では、特定のモティーフが反復しながら循環したり、ときにタイル状に埋め尽されるなど、幾何学的な独自の表現が用いられています。エッシャーはこれらの表現を生み出すために、同時代の「科学」から着想を受け、独自の数学的な理論を発展させました。
 この章では、エッシャー版画に現れるさまざまな幾何学的表現を紹介します。
※作品はクリックで拡大表示いたします。
《対照(秩序と混沌)》1950年

TOP