本展は、「科学」「聖書」「風景」「人物」「広告」「技法」「反射」「錯視」の8つの観点からエッシャーの作品に迫ります。
20世紀のオランダ、ひいてはヨーロッパ芸術のなかで、エッシャーは極めて独特な位置に立つ芸術家です。
版画というメディアに固執し続けたエッシャーが生み出したのは、現実的に見えながら非現実的な印象を与える不思議な造形でした。
※本展では、世界最大級のエッシャーコレクションを誇るイスラエル博物館から選りすぐりの約150点を日本初公開いたします。
以下掲載の作品は展示作品の一部となります。

TOP